English version.

オンラインオークション規約

本規約は、SBIアートオークション株式会社(以下「当社」といいます。)が行う、当社が提供するインターネットシステムであるオンラインオークションシステム(以下「本件システム」といいます。)を利用した美術品等のオークション(以下「オンラインオークション」といいます。)における取引等についての詳細を定めるものです。
当社に対してオンラインオークションにおける美術品等の販売を委託する者(以下「販売委託者」といいます。)、オンラインオークションにおいて美術品等の買い受けを希望する者(以下「買受希望者」といいます。)、オンラインオークションにおいて美術品等を落札した者(以下「落札者」といいます。)及びオンラインオークションが行われるWEBページ及びこれを構成するコンテンツ(以下「オンラインオークションサイト」といいます。)を閲覧する者、その他本規約において適用の対象とされる者(いずれも法人を含むものとし、以下「本件システム利用者」と総称します。)は、本規約を遵守しなければならないものとします。
なお、本件システム利用者がオンラインオークションサイトを閲覧した場合、当該本件システム利用者は本規約に同意したものとみなします。

第1章 オンラインオークション参加のための手続

1. (お客様登録)

① 買受希望者は、オンラインオークションにおいて美術品等の買い受けの申出(第11条第1項において定義する自動入力機能による買い受けの申出も含みます。以下同じです。)をする場合、当社のホームページ上から、当社所定の手続に従い事前に当社のお客様登録(以下「お客様登録」といいます。)を行うことにより、オンラインオークションサイトにおいて、本件システムを利用して美術品等の買い受けの申出を行うためのログインID及びパスワード(以下それぞれ「ID」及び「パスワード」といいます。)の交付を当社から受ける必要があります。但し、当社の裁量により、理由を示すことなくお客様登録をお断りすることがあります。

② 買受希望者は、お客様登録を行うにあたり、当社が指定する本人確認書類を当社宛に当社所定の方法で提出する必要があります。

③ お客様登録は、本件システムの利用を希望される方ご本人に限り、行うことができます。

④ 買受希望者は、当社によるID及びパスワードの発行には相当の時間を要することをあらかじめ了承するものとし、当社はID及びパスワードの発行遅延等により買受希望者に生じた損害等を賠償する責任を一切負わないものとします。

⑤ 買受希望者は、ID及びパスワードを第三者に譲渡し、貸与し、又はその他の処分を行ってはならないものとします。また、買受希望者は、他人になりすます等の手段により、複数のID及びパスワードを取得してはならないものとします。

⑥ 買受希望者がID及びパスワードを紛失又は盗難される等により、ID及びパスワードが第三者に漏えいした場合、そのことについて、当社は一切責任を負わないものとします。なお、買受希望者がID及びパスワードを紛失又は盗難される等の事実を認識したときは、直ちに当社に対してその旨を通知するものとします。

⑦ 買受希望者は、第1項に規定するお客様登録の際に登録した内容に変更が生じた場合、速やかに、当社所定の方法により、変更内容を当社に届け出るものとします。なお、当該変更の届出を怠ったことにより買受希望者に生じた不利益について、当社は一切責任を負わないものとします。

⑧ 買受希望者に交付されたIDを使用して最後にオンラインオークションサイトにログインがなされた日から1年間、当該IDを使用したログインがなされなかった場合、当該IDに付随するパスワードは失効するものとします。これによりパスワードが失効した買受希望者がオンラインオークションサイトにログインするためには、当社所定の手続に従い、新たに当社からパスワードの交付を受ける必要があります。

第2章 販売委託

2. (販売委託)

① 販売委託者は、本規約及び当社が別に定める販売委託契約に従い、美術品等の販売の委託を申し込むものとします。なお、当社は、当該販売委託の申込みをお断りする場合があります。

② 販売委託者は当社に対し、販売委託に係る美術品等について完全な所有権を有すること又は完全な所有権に基づき販売委託をすることができる権限を有することを保証します。

3. (最低売却価額)

① 販売委託者は、当社に対して販売を委託した美術品等の売却価額として希望する最低価額(以下「最低売却価額」といいます。)を、日本円にて設定することができます。

② 当社は、最低売却価額が設定された場合は、当社及び販売委託者間において別段の合意がなされたときを除いて、最低売却価額を下回る価額で、販売を委託された美術品等を売却しません。

③ 最低売却価額は評価額(第6条第1項に定める意味を有するものとします。)の上限を超えることはできません。

④ 一度設定された最低売却価額は、当社の同意のない限り変更することができないものとします。

第3章 オンラインオークション開催時の手続

4. (オンラインオークション対象作品)

当社は、販売委託者が当社に対してオンラインオークションによる販売を委託した美術品等のうち当社の審査を通過したもの(以下「作品」といいます。)を、当社の名でオンラインオークションの方法により売却します。なお、当社は、当該審査の基準、方法及び内容について、公開・公表する義務を負わないものとします。

5. (作品の状態等)

作品は、その性質上新品でないため、現状有姿のままオンラインオークションに出品及び販売されます。当社は、作品のシミ、キズ、その他の瑕疵及び欠陥等について一切責任を負いません。

6. (作品情報の掲載)

① 当社は、作品がオンラインオークションに出品されている間(以下「オークション期間」といいます。)、オンラインオークションサイトにおいて、当該作品の画像、評価額(日本円で上限額及び下限額を掲載するものとし、以下「評価額」といいます。なお、評価額には当社手数料(第16条第1項に定める意味を有するものとします。)及びその消費税は含まれません。)その他の情報(以下「作品情報」といいます。)を掲載します。なお、オンラインオークションにおいては、作品の落札価額が評価額の上限を超え、又は評価額の下限を下回る場合があります。

② 当社は、当社の裁量により、事前の予告なく、オンラインオークションサイトにおける作品情報の掲載を中止し、又は掲載内容を変更する場合があります。当社は、当該掲載中止及び掲載内容の変更について、一切責任を負いません。

③ 本件システム利用者は、自己の責任で、第1項に基づき掲載された作品情報を閲覧することにより、作品の情報及び状態等を確認するものとします。

④ 当社は、当社がその裁量により決定した場合を除いて、オンラインオークションに出品する作品について、買受希望者が作品の下見を行うための展覧会を開催せず、作品情報を掲載したカタログは配布しないものとします。

⑤ オンラインオークションサイトに掲載されている作品情報は、買受希望者の参考資料としてご利用いただくことを目的とするものです。当社は、作品情報の真実性及び正確性等を一切保証せず、オンラインオークションサイトに掲載されている作品の画像の不明瞭等について、一切責任を負いません。

7. (現在価額及び入札可能価額)

① 当社は、オークション期間中、各作品について、買受希望者から入札がなされている現在の最高価額(未入札の作品については、当社がその裁量によりオンラインオークション開始時の価額として設定した価額とします。以下「現在価額」といいます。)及び買受希望者による入札が可能な最低価額(現在価額を上回る価額とし、以下「入札可能価額」といいます。)を、オンラインオークションサイトにおいて公表するものとします。

② 当社は、当社の裁量により、作品の最低売却価額を下回る価額を、当該作品の現在価額及び入札可能価額として設定することができます。

③ 第1項の現在価額及び入札可能価額は、日本円及びその他の通貨により表示されますが、日本円以外の通貨による表示はあくまで参考金額であり、必ずしも当該オンラインオークション時点の正確な為替レートを反映するものではありません。なお、落札者と当社との間で締結される落札された作品の売買契約は、日本円により行われます。

④ 当社は、現在価額及び入札可能価額に係る表示につき、その内容が真実であり、かつ正確であることを保証するものではなく、これらの表示が真実ではなく、又は不正確であったことにより本件システム利用者に生じた損害については、当社の故意又は重大な過失による場合を除き、当社は一切責任を負いません。

8. (販売委託者名等の不公表)

当社は、作品の販売委託者名及び最低売却価額を公表しないものとします。但し、販売委託者の同意の下に、当社がその裁量により公表を決定した場合はこの限りではありません。

9. (オークション期間)

① 当社は、その裁量により、作品ごとにオークション期間を設定し、オンラインオークションサイト上において公表するものとします。

② 前項に関わらず、当社が設定したオークション期間の終了の10分前から当該オークション期間の終了までの間に、作品に対して買い受けの申出がなされた場合、当社は、当該作品のオークション期間を、当社が設定したオークション期間の終了日時から5分間延長するものとし、その後も同様とします。なお、本項に基づきオークション期間が延長された場合、当該延長がなされた期間をオークション期間として、本規約が適用されるものとします。

10. (買い受けの申出)

① 買受希望者は、オークション期間中、オンラインオークションサイト上の所定のログイン画面からID及びパスワードを入力のうえ、オンラインオークションサイトへログインすることにより、オンラインオークションサイトにおいて作品の買い受けの申出を行うことができるものとします。

② 買受希望者は、買い受けを希望する作品について、当該作品の作品情報、当該作品の現在価額及び入札可能価額等が表示されるオンラインオークションサイト上の画面(以下「オンラインオークション画面」といいます。)上に表示される買受希望価額欄(以下「買受希望価額欄」といいます。)に買受希望価額を入力し、オンラインオークション画面上に表示されるビッドボタン(以下「ビッドボタン」といいます。)をクリックすることにより、当該価額にて、当該作品の買い受けの申出を行うものとします。なお、買受希望者が買受希望価額を入力する前においては、買受希望価額欄に入札可能価額が自動的に入力され表示されていますが、買受希望者は、当該表示価額以上の価額を買受希望価額欄に入力することもできます。

③ 買受希望者が買受希望価額欄に買受希望価額を入力する場合、当社所定の買受希望価額の単位(以下「買受可能単位」といいます。)に従い、入札可能価額以上の価額を入力する必要があります。なお、買受希望者が、買受可能単位と整合しない買受希望価額を入力した場合、当該買い受けの申出は無効となります。

④ 買受希望者が一度ビッドボタンをクリックした場合、買受希望者及びその他の第三者による誤操作等の理由のいかんを問わず、買受希望者は当該買い受けの申出の取消しをすることはできず、買受希望者はこれに対して異議を述べないものとします。

⑤ 買受希望者は、日本円によってのみ作品の買い受けの申出を行うことができるものとしその他の通貨による買い受けの申出を行うことはできないものとします。

⑥ 買受希望者がビッドボタンをクリックした後、当該クリックの事実及び当該クリックの時点で入力されていた買受希望価額が当社に到達したとき、当該買受希望者から当社に対して当該買受希望価額にて作品の買い受けの申出がなされたものとします。

⑦ 買受希望者は、自己の買い受けの申出の状況について、自己の責任で、オンラインオークション画面上で確認するものとします。

⑧ 複数の者が共同の名義により、一つの買い受けの申出をすることはできません。

11. (買い受けの申出の自動入力)

① 買受希望者は、オンラインオークション画面上において、買い受けを希望する作品について、あらかじめ定めた買受希望価額の上限額(以下「自動入札上限額」といいます。)に達するまで、自己の買い受けの申出が、他の買受希望者からより高額の買い受けの申出がなされたことにより失効した場合、直ちに、その時点の入札可能価額により、自己を買受希望者として、自動的に買い受けの申出がなされる機能の利用設定を行うことができます(以下、当該機能を「自動入力機能」といいます。)。

② 買受希望者は、自己の責任により、自動入力機能の設定を行うものとします。また、買受希望者は、自動入力機能を適用するよう設定した場合、当該設定の撤回、取消し、又は変更を行うことはできません。

③ 買受希望者は、自動入札上限額を日本円でのみ設定することができます。また、買受希望者は、自動入札上限額の設定にあたり、買受可能単位に従わなければなりません。

④ 自動入力機能により買い受けの申出がなされた場合、買受希望者及びその他の第三者による誤操作等の理由のいかんを問わず、当該買い受けの申出の取消しをすることはできず、買受希望者はこれに対して異議を述べないものとします。

12. (買い受けの申出の失効)

買い受けの申出は、以下の場合に失効します。

(1) より高額の買い受けの申出がなされたとき

(2) 当該作品の現在価額が最低売却価額に達せずオンラインオークションが終了したとき

(3) オンラインオークションを中断したとき

13. (作品の売買契約の成立時期)

買受希望者が作品を落札した場合(落札者となった場合)、その事実が落札者の利用するオンラインオークションサイトのWEB画面上で閲覧できるようになった時点又は当社から送信された当該落札者により作品が落札された旨の電子メールが当該落札者に到達した時点のいずれか早い時点で、当該落札者と当社との間で、落札価額にて作品を売買する売買契約が成立するものとします。

14. (紛争の裁定)

買受希望者間又は買受希望者と当社との間で生じたオンラインオークション開催時の手続に関する紛争は、当社がその裁量により裁定するものとし、買受希望者は当該裁定に従わなければなりません。

第4章 オンラインオークション開催後の手続

15. (支払方法及び引渡し方法の選択)

① 落札者は、オークション期間の終期に該当する日(以下「オークション終了日」といいます。)から10日以内に、オンラインオークションサイトにおいて、請求金額(次条第2項に定める意味を有するものとします。)の支払の方法(以下「支払方法」といいます。)及び落札した作品の引渡しの方法(以下「引渡し方法」といいます。)を選択し、当社所定の方法で、オンラインオークションサイトを通じて、当社に対して当該選択の結果を通知するものとします。

② 落札者は、支払方法として、振込送金による方法、クレジットカード決済又はPayPalによる支払を選択することができるものとします。なお、各支払方法の詳細は、以下の各号記載のとおりです。

(1) 振込送金による方法

落札者は、以下の銀行口座に対して、支払期間(第16条第2項に定める意味を有するものとします。)内に着金するよう、振込送金するものとします。なお、振込手数料は、落札者が負担するものとします。


銀行振込口座
金融機関:みずほ銀行
支店名:大手町営業部
種類:普通
口座番号:5315263
名義人:SBIアートオークション株式会社
フリガナ) エスビーアイアートオークション(カ


(2) クレジットカード決済又はPayPalによる方法

当社は、落札者が支払方法を選択した後速やかに、当該落札者に対して、クレジットカード決済又はPayPalによる支払に必要な情報の入力を行うWebページのURLを記載したメールを送付します。落札者は、当該Webページにおいて、クレジットカード情報、メールアドレス等の支払に必要な情報を入力し、支払手続を行うものとします。なお、落札者が請求金額の支払手段として使用できるクレジットカードは、落札者本人名義のカードに限られます。

③ 落札者は、引渡し方法として、当社に来社のうえ作品を引き取る方法又は当社から落札者に対して作品を配送する方法を選択することができるものとします。なお、各引渡し方法の詳細は、以下の各号記載のとおりです。

(1) 当社に来社のうえ作品を引き取る方法

落札者は、落札者の費用負担において、自ら、又は自己が正当に権限を授与した代理人若しくは使者をして、当社に来社し、又は来社させたうえで、自ら又は当該代理人若しくは使者をして、作品を引き取り、又は引き取らせるものとします。

(2) 当社から落札者に対して作品を配送する方法

落札者は、当社に対して、当社所定の方法により、当社が別途定める配送に必要な情報を通知します。当社は、当該落札者の通知に従い、運送業者(当社又は落札者が選定した運送業者のいずれも含みます。)に作品を引き渡します。なお、本号による場合、当該運送業者に対して作品を引き渡した時点で、落札者に対する引渡しが完了したものとみなします。

16. (請求金額の支払)

① 落札者が前条第1項に基づき支払方法及び引渡し方法を選択し、当該選択の結果を当社に対して通知した場合、当社は、オンラインオークションサイト上に、当該落札者が落札した作品の落札価額、落札価額の15.0%相当額(金1円未満の金額は切り捨てるものとします。)の手数料(以下「当社手数料」といいます。)及び当社手数料にかかる消費税を記載した請求書(以下「請求書」といいます。)を表示します。

② 落札者は、当社に対し、オークション終了日から10営業日(土曜日、日曜日及び国民の祝日に関する法律に規定する休日を除く日をいいます。以下同じです。)以内(以下、この期間を「支払期間」といいます。)に、日本円により、請求書記載の請求金額(以下「請求金額」といいます。)を、選択した支払方法により支払わなければなりません。

③ 落札者がクレジットカード決済又はPayPalにより請求金額を支払う場合において、落札者とクレジットカード会社又は立替代行業者等との間で、請求金額の支払その他の債務に関して紛争(トラブル、クレーム、訴訟その他裁判上又は裁判外における一切の紛争又は争訟を含みます。以下同じです。)が発生したとき、全て落札者の責任及び費用により解決するものとします。

17. (危険負担及び所有権の移転)

① 売買契約成立時点以降の当社の責に帰すべからざる事由による作品の滅失、紛失、盗難、毀損、汚損その他一切の危険は、落札者の負担とし、落札者は請求金額の支払を免れることができません。

② 落札者が請求総額(次条第1項に定める意味を有するものとします。)を完済した後、当社が作品を落札者に引き渡した時点で当該作品の所有権は落札者に移転します。

18. (引渡し)

① 当社は、落札者が請求金額の支払を完了した日から20日以内(但し、この期間の最終日が営業日でない場合にはその翌営業日までとします。以下この期間を「引渡期間」といいます。)に、当該落札者が第15条第1項に基づき落札作品の引渡し方法を選択のうえ通知することを条件に、当該落札者が選択した引渡し方法に従って、当該落札者が落札した作品を引き渡すものとします。但し、落札者が請求金額の他に、当社に対し履行期に達している他の債務(以下、請求金額及び履行期に達している当社に対する全ての債務を「請求総額」といいます。)を負担している場合、請求総額の支払を全て履行するまで、当社は落札者に対して、作品を引き渡すことを要しないものとします。

② 落札者が、引渡し方法として、当社に来社のうえ作品を引き取る方法を選択した場合、当社が、当社に作品の引き取りに出向いた者(以下「引取人」といいます。)が提示した本人確認書類(別途当社が指定する本人確認書類をいいます。)の確認をもって、落札者本人又は落札者から正当に権限を授与された代理人若しくは使者であると判断したとき、当該引取人が署名捺印又は記名押印をした受領書を当社に対して提出することを条件に、当社は当該引取人に対して作品を引き渡すものとします。当社が本項所定の手続を経たにもかかわらず、落札者以外の第三者が当該作品を取得したこと等に起因して損害が発生した場合であっても、当社は責任を負いません。

③ 落札者が、引渡し方法として、配送による引渡しを選択した場合、当社は、当社所定の手続により、当社又は落札者から正当に権限を授与された運送業者であると判断したとき、当該運送業者に対して作品を引き渡すものとします。なお、当社が本項所定の手続を経たにもかかわらず落札者以外の第三者が当該作品を取得したこと等に起因して損害が発生した場合であっても、当社は責任を負いません。

④ 前項の場合において、落札者は、運送業者から作品を受領した場合、当社に対して、落札者が署名捺印又は記名押印をした受領書を直ちに交付するものとします。

⑤ 作品の引渡し完了後の事故(滅失、紛失、盗難、毀損、汚損等)について、当社はその責任を負いません。また、落札者の求めにより、当社が運送業者を斡旋し、又は作品の梱包を施した場合であっても、その運送業者の選定や梱包の状態にかかわらず、当社はその事故について責任を負いません。落札者には、作品の引き取りにつき、自らの責任と費用負担において、保険を付す等の対応を行っていただくものとします。

⑥ 作品の引渡後は、落札者は、当社に対し、作品違いの主張を行うことができません。但し、当社が、誤って落札した作品と別の美術品を落札者に引き渡した場合はこの限りでないものとし、落札者は、速やかに引渡しを受けた当該美術品を当社に返還するものとします。

19. (諸費用)

落札者は、引渡期間内に作品の引き取りができない場合、引渡期間終了後から引き取りのときまでの当社が指定する作品の保管及び保険に要する費用を負担するものとします。

20. (盗品、遺失物等)

① 当社が落札者に作品の引渡しをする以前に、作品について、盗品、遺失、相続、その他の原因のいかんを問わず、真正な所有者と主張する者から返還請求があった場合又は作品が法律の定めによる売買禁止物(所持の禁止を含みます。)であることが判明した場合、当社は当該作品の売買契約を催告なしに解除することができるものとします。この場合、当社は落札者から請求金額の支払を受けているときはこれを無利息で返還するものとし、落札者は当社に対し、損害賠償その他の請求をすることはできないものとします。

② 古物営業法(昭和24年法律第108号。その後の改正を含みます。)第21条の規定により警察本部長等が当社に対し保管を命じ、その保管の期間の終了日が引渡期間の満了後に到来するときは、その保管の期間の終了まで当社は作品の引渡しをせず、第18条第1項の「請求金額の支払を完了した日から20日以内」とあるのは「警察署長が保管を命じた期間の終了日から3日以内」と読み替えて適用するものとします。なお、このため引渡しが遅滞したことに起因する損害について、当社はその責任を負わないものとします。

21. (落札者の債務不履行)

落札者が支払期間内に請求総額を支払わないときは、次の各号の定めに従うものとします。

(1) 落札者は、請求金額(消費税分を除きます。)の未払残金について、年14.6%の遅延損害金を支払わなければならないものとします。

(2) 当社が落札者に請求総額の支払を催告しても支払わない場合、当社は売買契約を解除することができます。但し、落札者宛に送付した催告状が受取人不在、不明で返送された場合、又は落札者が催告状の受取りを拒否した場合、当社は売買契約を無催告で解除することができるものとし、当社が落札者宛に解除通知を発送した時点で売買契約は解除されたものとします。

(3) 売買契約が前号により解除された場合、当社は最低売却価額を設定することなく作品を再度オンラインオークション又は当社の主催する実開催のオークション(以下、これらを総称して「オークション等」といいます。)に付し、若しくは第三者に売却(以下「第三者売却」といいます。)することができるものとします。この場合、オークション等又は第三者売却により当社が得られる金額が解除された売買契約の請求金額を下回る場合は、落札者は当社に対しその差額につき、解除された売買契約の成立日から支払が完了する日まで、年14.6%の遅延損害金を支払わなければなりません。なお、オークション等又は第三者売却により当社が得られる金額が解除された売買契約の請求金額を上回った場合であっても、その差額について落札者は一切請求することはできません。

22. (真贋保証)

① 当社は、作品の真贋について保証しません。買受希望者は自らの責任と判断で作品の買い受けの申出を行うものとします。

② 前項の定めにかかわらず、オンラインオークションサイト上において、作品の作者名が断定的に明記され(作者について争いがある旨の記載、「伝○○」、「推定○○作」等作者名の表示が推定に基づくものであることを示す記載、又は「○○派」、「○○工房」、「○○スクール」等必ずしも作者を特定できない記載がなされている場合等を除きます。)、かつ、当該作品の真贋を保証する旨が明示されている場合において、後日当該作品がオンラインオークションサイト上に表示された作者の作品でないこと(以下「不真正性」といいます。)が判明し(但し、オンラインオークション当時の学者、専門家の知見の水準において一般にオンラインオークションサイト上に表示された作者の作品と認識されていた場合、オンラインオークション当時に一般的でなかった科学的検査方法若しくは多額の費用を要する検査方法の実施により不真正性が判明した場合、又は作品を傷つける等通常は行われない検査方法若しくは破損等により不真正性が判明した場合を除きます。)、当社が当該不真正性を認めるときは、次の各号の条件全てを満たす場合に限り、当社は落札者の請求により売買契約を解除し、当該作品の返還と引換えに請求金額の払い戻しをします。但し、当社は、請求金額の払い戻しをする他は責任を負わず、利息及び損害賠償等は一切負担しないものとします。

(1) 落札者が、当該作品が落札されたオークション終了日から3年以内で、かつ当該作品の不真正性を知ったときから3ヶ月以内(消費者契約法が適用される場合には6ヶ月以内)に、当該作者の作品ではないことについて当社が納得しうる客観的・合理的な根拠を添えて、オークション期間、作品番号、落札価額を明記した書面により当社に対し請求すること。

(2) 落札者が、当社に作品の完全な所有権を移転し、かつ、作品をオンラインオークション当時の状態で当社に引き渡すこと。

第5章 承諾事項等

23. (承諾事項)

本件システム利用者は、本件システムを利用するにあたり、あらかじめ以下の各事項を承諾し、これに対して異議を述べないものとします。

(1) 本件システム利用者は、本件システムに関連する全ての法令及び規則等(以下「法令等」といいます。)並びに本規約に従い、本件システムの意図した目的の範囲内に限って本件システムを利用するものとし、オンラインオークションサイトの閲覧を含め、本件システムの利用は本件システム利用者の責任において行っていただくこと。

(2) 本件システム利用者は、法令等及び本規約を遵守するものとし、法令等及び本規約に違反した場合、当社は、本件システム利用者に対する事前の通知を行うことなく、お客様登録を行っている者についてはお客様登録を抹消し、かつパスワードを失効させ、また、本件システムの利用を即時に停止又は終了させることができること。

(3) オンラインオークションサイト上に表示され、あるいは取得できる全てのコンテンツ、テキスト、イメージ、データ、情報及びその他の資料(以下、これらを総称して「コンテンツ等」といいます。)に関する知的財産権(著作権及び商標権その他一切の知的財産権を指すものとし、以下「知的財産権」といいます。)は、当社又はその他の正当な権利者に帰属するものであり、本件システムの利用により、知的財産権が本件システム利用者に移転するものではないこと。

(4) 当社が、買受希望者及び落札者による作品の買い受けの申出の時期、申出の対象となった作品、入札金額、入札結果等の履歴その他の本件システムの利用に係る履歴等の記録(以下「利用記録」といいます。)を収集及び保管すること。

(5) 当社は、正当な理由がない限り、本件システム利用者からの利用記録の閲覧、開示、変更又は抹消請求に応じないこと。

(6) 当社は、法令等に違反しない限り、当社の裁量に基づき、利用記録を処分又は抹消することがあること。

(7) 当社は、以下のいずれかの事由が生じた場合、本件システム利用者に対する事前の通知を行うことなく本件システムの全部又は一部のサービスの提供を停止又は終了することがあること。

(ⅰ) 天災地変、内乱、騒乱及びその他の不測の事態等、当社の責めによらない事由により、本件システムに係るサービスを提供するための設備、機器及び回線等(以下「必要設備等」といいます。)に障害が発生したとき。

(ⅱ) 必要設備等の保守及び維持のために必要なメンテナンスを行うとき。

(ⅲ) 当社が、当社の裁量により、本件システムに係るサービスの提供を停止又は終了することを決定したとき。

(8) ID及びパスワードを他人に使用されてオンラインオークションサイトにログインされ、本件システムを利用された場合、当社は、当該ID及びパスワードが割り当てられた本件システム利用者自身による利用であるとみなして取引を行うこと。

(9) オンラインオークションサイト上の行為を含め、本件システムの利用により、本件システム利用者と当社以外の第三者との間で生じた紛争については、全て本件システム利用者の責任及び費用により解決すること。

(10) 当社から買受希望者又は落札者に対する連絡は、買受希望者又は落札者がお客様登録時に登録した氏名(法人の場合は商号)及び住所又はメールアドレス(第1条第7項に基づき登録済の氏名、住所又はメールアドレスの変更の届出を行い、当社が当該変更を承認した場合、当該変更後の氏名、住所又はメールアドレスをいいます。)に対して行うものとし、買受希望者又は落札者が当社に対して氏名、住所又はメールアドレスの変更の届出を怠る等の理由により、当該買受希望者又は落札者が当該連絡を認識できなかったことについて、当社は一切責任を負わないこと。

24. (免責事項)

当社は、以下の各事項に起因して生じた本件システム利用者の損害等について、当社の故意又は重大な過失による場合を除き、一切の責任を負わないものとし、本件システム利用者はこれを承諾するものとします。

(1) 本件システム利用者及び当社の使用する機器、システム、通信回線等の不備、不調、不具合、発受信するデータの不正アクセス及び改変その他の理由により、本件システム利用者がオンラインオークションにおいて作品情報を閲覧できなかった場合。

(2) 買受希望者及び当社の使用する機器、システム、通信回線等の不備、不調、不具合、発受信するデータの不正アクセス及び改変その他の理由により、本件システムを通じた買い受けの申出が正常に行われず、又はオンラインオークションにおいて買い受けの申出が適時かつ正確に反映されなかった場合。

(3) オンラインオークションの実施中、本件システム利用者及び当社の使用する機器、システム、通信回線等の不備、不調、不具合、発受信するデータの不正アクセス及び改変その他の理由により、作品の現在価額又は入札可能価額が適時かつ正確に反映されなかった場合。

(4) 本件システムの利用により、本件システム利用者の使用する機器、システム、通信回線等の不備、不調、不具合、発受信するデータの不正アクセス及び改変等が生じた場合。

(5) 前条第7号に規定する事由により、本件システムの全部又は一部のサービスの提供が停止又は終了した場合。

(6) コンテンツ等、又はオンラインオークションサイトからリンクされているWEBページ及びこれを構成するコンテンツを利用したことにより、本件システム利用者に損害等が発生した場合。

(7) 本件システム利用者が、自らが保有するID及びパスワードを他人に使用されてオンラインオークションサイトにログインされ、本件システムを利用された場合。

25. (禁止事項)

本件システム利用者は、本規約に別途規定される事項の他、本件システムを利用するにあたり、以下の各事項を行ってはならないものとします。本件システム利用者が以下の各事項を行ったことにより当社に損害(弁護士費用、特別又は間接の損害を含むが、これらに限られません。)が発生した場合、本件システム利用者は直ちに当社に対して当該損害を賠償するものとします。

(1) 当社の事前の書面による承諾なく、コンテンツ等を複製し、保存し、加工し、変更し、その他の利用又は処分を行うこと。

(2) 本件システムを利用することにより取得した情報等(個人情報を含みますが、これに限りません。)を当社以外の第三者に開示し、又は本件システムの利用の目的以外に利用すること。

(3) 本件システムに負荷をかける行為、他の利用者のアクセス又は操作を妨害する行為、並びに当社の事業及びネットワーク・システムに支障をきたすあるいはこれを妨害する行為を行うこと。

(4) 他人が保有するID及びパスワードを使用してオンラインオークションサイトにログインし、本件システムを利用すること。

(5) 上記各号の他、法令等、本規約及び当社が指定した事項に違反する行為を行うこと。

第6章 雑則

26. (規約の変更)

当社は、法令等に反しない範囲において、その裁量により本規約を変更することができるものとし、本件システム利用者は、これに従っていただくものとします。

27. (債権の譲渡等の禁止)

本件システム利用者は、本規約に基づく当社に対する権利、義務及び地位を、当社の事前の書面による承諾なく譲渡することができず、また担保に供することはできないものとします。

28. (反社会的勢力の排除)

① 本件システム利用者は、自己及び自己の役員等が、現在、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ又は特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者(以下、これらの者を「暴力団員等」といいます。)に該当しないこと、及び次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約します。

(1) 暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること

(2) 暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること

(3) 自己、自社若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもってする等、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること

(4) 暴力団員等に対して資金等を提供し、又は便宜を供与する等の関与をしていると認められる関係を有すること

(5) 役員又は経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること

② 本件システム利用者は、自ら又は第三者を利用して次の各号に該当する行為を行わないことを確約します。

(1) 暴力的な要求行為

(2) 法的な責任を超えた不当な要求行為

(3) 取引に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為

(4) 風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて当社の信用を毀損し、又は当社の業務を妨害する行為

(5) その他前各号に準ずる行為

③ 当社は、本件システム利用者が前各項の確約に反し、又は反していると合理的に疑われる場合、催告その他何らの手続を要することなく、直ちに該当者との取引の全部若しくは一部を停止し、又は該当者との契約の全部若しくは一部を解約することができるものとします。なお、当社は、かかる合理的な疑いの内容及び根拠に関し、該当者に対して何ら説明し又は開示する義務を負わないものとし、取引の停止又は契約の解約に起因し又は関連して該当者に損害等が生じた場合であっても、何ら責任を負わないものとします。

④ 本件システム利用者が第1項又は第2項の確約に反したことにより当社が損害を被った場合、該当者はその損害を賠償する義務を負うことを確約します。

29. (準拠法)

本規約は、日本法を準拠法とします。

30. (合意管轄)

本規約及び本件システムに関する紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。